将来の家族のあり方も考慮しながら注文住宅を建てる

予算を立てる

注文住宅は外観から設備まで、全てにおいて自由に決めることが出来る家づくりの方法です。
ですが、どの部分に重点を置くのかを明確にしておかないといけません。
妥協出来ない部分やこだわりたい部分、どういった暮らしがしたいのかなど、家族で事前にじっくりと話しあいましょう。
そうすることで、お金をかけるべき部分も明確になって、予算配分や予算立てをスムーズに行うことが出来ます。
始めに、総予算を決めることが大切です。
自分の資金として準備出来る額、住宅ローンで借りる額を計算しましょう。
注文住宅では、全体の費用の7割ほどが本体工事費と考えましょう。

注文住宅の予算立てのときには、コストを調整することが出来ます。
床や壁といったところなど、人が来たときに目にする部分にはお金をかけて、普段生活に支障がない部分はコスト削減を図るといった方法があります。
設備の中には不要な機能もあるので、必要なものだけを取り入れることも大事になってきます。
間取りを決めるときに、壁を少なくすることもコスト削減につながります。
注文住宅では、壁一つ減らすだけで、人件費や工事費、材料費といった全てが削減されることになります。
ドアや窓を減らすことも、同様にコスト調整につながります。
デザイン性も、複雑な形状にするほどコストはかかってしまうので、なるべくシンプル化した方がいいでしょう。
水廻りも、一つの場所に集めて作ることで給排水管の長さが短くなり、材料費や工事費を抑えることが可能になります。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013