将来の家族のあり方も考慮しながら注文住宅を建てる

依頼をするときに

注文住宅は、工務店やハウスメーカー、建築士に依頼して行います。
そのときに、デザインや間取りに関して話し合いを行っていきますが、建てるときに自分のイメージを形にしてくれるところを探す必要があります。
プロに任すという点は同じですが、業者にはそれぞれにメリットがあります。
工務店に依頼する場合には、小回りがきくため、注文住宅のメリットである自由度の高い家を作ることが可能になります。
地域の工務店であれば、家が建ったあともメンテナンスの依頼をすることが出来ます。
また中間業者が少ないので、コスト削減の相談もしやすくなります。
地域の気候風土に対しても、知識があり理解しているので、その土地ならではの家づくりが可能になります。

ハウスメーカーも注文住宅を手がけていますが、大手のところであれば品質に関してムラがありません。
また工法によって異なりますが、完成までの工期が早く済む場合があります。
品質に関しても安定を求めている人、なるべく早く家が出来上がったほうがいいという人には、ハウスメーカーへの依頼が適しているでしょう。
建築士に依頼したときには、デザインに関して工務店と同様に自由度が高くなります。
工事監理もしっかりと厳しくチェックをしてくれるため、手抜き工事がなく安心して任せられます。
じっくりと話しながら、理想の家づくりを行っていくことが可能になっています。
注文住宅で個性的な家づくりがしたい人、時間がかかっても妥協がしたくない人は、建築士に依頼しましょう。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013